ズワイガニの美味しい食べ方

img_ai

贅沢絶品ズワイガニ!ズワイガニの美味しい食べ方教えます

img_aq

ズワイガニ美味しいですよね。産地からの取寄せしたズワイガニの美味しい食べ方をご紹介いたします。旅行も取り寄せも楽しめるズワイガニのおいしい食べ方教えちゃいます。

 

茹でズワイガニ 余すところなく食べよう
カニの旨さが一番引き立つのは茹でズワイガニ
ズワイガニの甲羅の足の付け根から足を切りとってください。
足にハサミを入れて身を取り出します。

img_ar

甲羅を逆さにして、パカッと開くと甲羅が開きます。
足の付け根にハサミを入れてください。足の付け根に大量の身が詰まっていますよ。

logobannerjpg

焼きズワイガニ香ばしくて旨いよ

img_as

七輪の上に網を置いて焼くのが一番うまい。
なければ、ホットプレートかフランパンを用意してね。

後で身を取り出しやすいように
足に切れ目を入れておいてね

焼き過ぎ注意です。かるーく炙る程度が旨い。
水分が無くなると、身がパサパサになっちゃうから気をつけてね

img_o

ズワイガニ足の身を取り出して甲羅に乗せてカニ味噌も入れてみてご飯にとっても合うおかずになるよ。

logobannerjpg

塩ベースの海鮮鍋、北海道のみそ風味鍋にズワイガニを入れてみよう

img_ao

寒~い冬に体を温めてくれる嬉しい海鮮味の鍋、最高にうまいですよ。
ダシと塩で作る塩鍋なら、ダシに身をさっとくぐらせるだけで充分旨し。

ズワイガニの姿を用意したなら、具材を入れる前に甲羅ごと入れてくださいね。
甲羅に入っているズワイガニの味噌が染み出て美味しいダシが出てきます。

白菜、春菊、ニンジン、椎茸、ネギ、白滝、ニラ、豆腐、ホタテ、そしてズワイガニ!
旬の食材をたっぷり入れて、体温まるホクホクのズワイガニ鍋を楽しんでください。

img_ab

人気のズワイガニのお店を紹介しているズワイガニ通販ランキングでは、
最新の情報を基に、ズワイガニを通販する時に気になることを調査しており掲載しています。

定番の茹でズワイガニをそのまま食べるのも美味しいですが、
焼いて焼きズワイガニ、鍋に入れてズワイガニの海鮮鍋も最高です。

ズワイガニをお取り寄せする時は、水産会社の卸会社や専門店から買うようにしましょう。
カニ専門店は、鮮度も、身入りも最高!浜茹でズワイガニ、活ズワイガニ、生冷ズワイガニ。

logobannerjpg

プロが選ぶ 美味しいズワイガニの基準

img_p

ズワイガニの美味しさは、脱皮してからどのくらい経ったかで決まります。ズワイガニにとって脱皮は成長に欠かせないものですが、脱皮をすると体力を消耗してしまいます。

脱皮をした直後のズワイガニは、身も痩せてしまい中身が無いスカスカ状態。逆に脱皮してから時間が経ったカニは、身が詰まってるんです。

img_k

脱皮したてのズワイガニは、お腹が白いんですが、褐色がかってる腹のズワイガニの方が美味しいですよ。脱皮したてのズワイガニは甲羅が柔らかいんです。甲羅が堅いカニは、脱皮してから時間が経ってる証拠です。
カニの身入りもよくて、美味しいズワイガニという事です。
身が詰まっているカニは重たい。当然と言えば当然ですよね。

 

通販で選ぶならズワイガニの流通量が多い専門店や、飲食店に卸売りをしている卸売業者で買うのが安心です。売れていないお店は、去年や一昨年扱っていた古い冷凍ズワイガニを平気で販売しているお店もあるみたいです。

logobannerjpg

オオズワイガニ 本ズワイガニ 紅ズワイガニ どれが旨いの!

img_ah

日本ではオオズワイガニは獲れませんので気にしなくていいですが、本ズワイガニと紅ズワイガニはどっちが旨い。本ズワイガニも紅ズワイも水揚げシーズンになるとニュースなどで話題になりますからね。

紅ズワイガニの方が安いけど、安いと言う事はそういうこと。紅ズワイは甘みがありますが、水っぽいカニです。ダシに使うのであれば、ダシ用としてはいいダシが出ますよ。

一般的にズワイガニ=本ズワイガニなんですね。ガブッと太い足にかぶりついて贅沢に食べるなら本ズワイガニ。

身入りが良くて最高のズワイガニを扱っているお店を探しやすいように、ランキング形式でズワイガニのお店を調査しました。

 

logobannerjpg